ただ「在る」ことに気づく

あなたは、
何かをすることによって
幸せを得ることはできない。
いわゆる霊的な修行や祈り、
つまり神の探求をも含めて、
何かを達成することによっては。

神でさえ、
あなたの幸福を与えることはできない。
もし、神にそれができるとするならば、
神はそれを奪うこともできるでしょう。

何であれ、来るものは去っていく。
幸福は、外に求めるべきではない。
それは外から、あるいは内からでも、
来ることはできない。
それは、決して、
「来る」ことはない。
なぜなら、それは
ただ「在る」のだから。
それはつねに在る。
どこにだろう?
どこにでもだ。
それは、ただ、幸福なのだ。

あなたが自分のことを幸福だと思えないのは、
それを忘れているからだ。
目標は、
「あなたの本性を悟る」こと。
あなたの平安、
あなたの幸福、
あなたの神性、
あなたの神の似姿を、
如実に知ることだ。
そうでなければ、あなたは決して100%
幸福であることはできない。
幸福になっても、
また不幸になる。
自分が幸福なのだということを知らなかったら、
誰も完全な幸福になることはできない。

不滅のよろこびを得るために、
幸福になろうと努力する必要はない。
幸福や健康は、求めるものではない。
すでに与えられているのだ。

真の幸福は、
本来の自己が宇宙意識であることに気づくこと。
それにより、多くの問題は解決へと向かう。

 

テキストのコピーはできません。