eclipse digital wallpaper

エネルギーを高める習慣

 

瞑想を
日々の生活の
欠かせない一部にすることは、
とても役に立つ。
食事を欠かすのはいい。
ときには
それは
有益でさえあるかもしれない。
だが、
瞑想を欠かすというのは、
何か月ものワークを
台無しにすることだ。
それは
とてもデリケートなワークだ。
何か月かのあいだに、
ある種のエネルギーが
生み出される。
だが、
あなたが
不可逆古として
知られている地点にまで
達していないかぎり、
そのエネルギーは、
数日で失われることだろう。

水を熱して
90度にまでした場合と同じだ。
水はまだ水のままだ。
95度になっても水のままだ。
99度に達したところで
熱するのをやめたなら、
それは冷めていき、
熱は消散する。
ふたたび
熱しなおさなければならない。
だが、
100度に達したならば、
それはジャンプする。
蒸発する。
きわめてラジカルな変化が
起こる地点にたどり着いたのだ。
 
瞑想でも
同じことが起こる。
あなたはそれを蓄えていく。
それは累積的だ。
あなたは毎日それをすると、
あなたは自分の内的存在に
微妙なエネルギーを蓄積している。
それは
どんどん高いレベルに達する。
90度、95度。
だが
これだけの温度に達していても、
それでやめるならば、
それは失われる。
それは消散してし まう。
日常のすべては
非瞑想的なものだから、
それは簡単に破壊される。
 
世界全体が非瞑想的だ。
あなたが出会っ人たち、
ともに働く人たち、
おしゃべりする人たち、
彼らはみな非瞑想的だ。
あなたが
高いエネルギーを持っていると、
それほど
エネルギーの高くない人たちは、
あなたのエネルギーを
吸い取ることになる。
彼らは意図せずしてそれをする。
水が下に流れるのと同じ道理だ。
すべてのエネルギーは下に流れる。
人びとはまるで谷間だ。
あなたのエネルギーが
彼らに向かって流れるのは
当然のことだ。
彼らのレベルは
あなたより低いのだから。
 
だから、
定期的に瞑想をするというのは、
とてもとても重要なことだ。
さもないと、
あなたは
なんらかのものを生み出したあと、
「私はもう
 充分なだけ生み出した。
 とても気持ちがいい」
と考えるかもしれない。
あなたは2、3日は
気持ちがいいだろうが、
エネルギーは
またもや失われてしまう。
 
あなたが
定期的に瞑想するなら、
あなたのレベルは、
だんだんと、高く、
より高く、
さらに高くなっていく。
ある日、
突如として、
あなたは蒸発する。
そのとき、
瞑想は自然なものとなる。
あなたがそれをする、
しないという
問題ではなくなる。
それをせずしてするようになる。
歩いていても、
あなたはそのなかにいる。
食べていても、
あなたはそのなかにいる。
働いていても、
あなたはそのなかにいる。
眠っていても、
あなたはそのなかにいる。
瞑想があなたの生のすべてになる。
そうなる前には
定期的に瞑想しなければならない。

Osho – The Passion for the Impossible

 

テキストのコピーはできません。