人生を本当に動かすものは、何かを本気で信じた力

物を溢れるほど持ち、
人生に保障があることを幸福だと思う。
それを「家畜の幸福」という。
肉体を人間の中心に据える
ヒューマニズム。

ヒルティの『幸福論』にも書かれているように
真の幸福は、
この世の幸福ではない。

愛が重要だと、
いまの人たちはみな気楽に言う。
愛の本質というのは
何かを本気で信じることだ。

愛とは、信じる力。

保障も安定もない
空っぽの時分を、
命懸けで生きる。
そういう感性を、
忘れてはならない。

すべてを捨てる覚悟が
あなたにはできるか。

人間を超えて、
エクソダスを生きる。

2021年元旦 

 

テキストのコピーはできません。