view of cityscape

成功のパラドックス

荘子が
完全なひとは
空の舟のようだと言うとき、
多くのことが
そこに含まれている。
最初に
空の舟は
何処にも向かわない。
何故なら、
方向を定めるひとはいない。
どこかに操るひとはいない。
空の舟はまさにそこにある。
それは何処にも向かわない。
たとえ、
動いても
どこかへ向かうものではない。
 
マインドが無いときには、
生は動きに留まる。
それは、
目指す方向がない。
あなたは動くだろう、
あなたは変わるだろう、
あなたは川のような流れになる。
しかし、
どこにも向かわない。
視野に目的地はない。
完全なひとは
どんな目的もなく生きる。
完全なひとは
どんな動機もなく動く。
 
もしあなたが
完全なひとに
「何をしているの?」
と尋ねたら、
彼は言うだろう。
「わからない。
 しかし、
 これが起こっていることだ」
 
もしあなたが私に
なぜしゃべっているのかと
尋ねたら、
私は答えるだろう。
「花はなぜ咲いているのだろう」
 
これはハプニングだ。
これはあやつられたものではない。
あやつるものが居ないとき、
舟は空だ。
目的があるとき、
あなたはいつもみじめだ。
どうしてだろう?
 
かつて、
あるひとが
しみったれに、
大いなる守銭奴に尋ねた。
「どのようにして、
 富の蓄積に成功したのですか?」
 
その守銭奴は言った。
「私のモットーは、
 なんであれ、
 明日すべきことは今日やる。
 なんであれ、
 今日楽しむことは明日にやる。
 これが私のモットーだった。」
 
彼は富を蓄積することに成功した。
そして、
これこそ人が
どのようにナンセンスもまた
蓄積するかだ。
 
その守銭奴もまたみじめだった。
一方の手に富の蓄積を成功し、
もう一方の手に
みじめさの蓄積も成功していた。
そのモットーは
お金を溜めると同時に
みじめさも溜めていた。
 
明日するべきことは、
何であれ今日してしまう。
ただちに、
延期してはならない。
今楽しめることは、
なんであれ、
今楽しまないで、
明日にまわす。
 
これこそが
地獄への道だ。
それは常に成功する。
決して、
失敗することはない。
試してごらん、
あなたは成功する。
さもなければ、
あなたは既に
成功してしまってる。
あなたはそうとは、
知らずやってきている。
 
Osho – The Empty Boat

 

 

あなたは富を得るのか
空の舟の自由を得るのか

 

テキストのコピーはできません。