shallow focus photography of water splash

老子道徳経第八章

上善若水

最上の善い人は水のようである。
The supremely good man is like water.

*抽象的な善についてのものではなく、最善の人(理想的な人)についての理解。An understanding of the best man (ideal man), not abstract goodness.

水善利萬物

水は万物に利を与えるのが上手である、
Water is good at benefiting all things,

而不爭

しかし争わない。
but does not compete with them.

處衆人之所惡

人の嫌うところに身を置く、
It dwells in place that people dislike;

故幾於道

故に道(タオ)に似ている。
therefore, it is close to the Way.

*水と最善の人(理想的な人)を特徴づける七つの活動について、以下七行に述べる。The seven activities that characterize water and the best people (ideal man) are described in the following seven lines.

居善地

居場所においては地の近くに身を置くのが上手である。
In dwelling, he is good at living close to the ground.

*水は一番低いところに流れる。理想的な人は、最も低い位置を取る。謙虚を象徴する。Water flows to the lowest point. The ideal man takes the lowest position. Symbolizes humility.

心善淵

心においては深淵のように空(くう)である。
In mind, he is good at making himself like an abyss.
(In mind, he is good at empty like an abyss)

*水は心を持たない。理想的な人の心は、淵(深く静かな淵源)のように空、虚である。無私無欲を表す。Water has no mind. The mind of the ideal man is empty (emptiness) and vacuity like a abyss. Represents selflessness.

與善仁

与えることにおいては仁(人間愛)に満ちている。
In giving, he is good at practicing humanity.
(In giving, he is full of Benevolence)

*水は寛大である。理想的な人は、全ての人に親切である。仁(儒教で説く五徳 [仁・義・礼・智・信] の一つ)を表す。The water is leniency. The ideal man is kind to everyone. Represents JIN (benevolence).

言善信

言葉においては信頼できる。
In speaking, he is good at keeping his word.
(In speaking, he is good at Faithfulness for words)

*水は潮流を時間通りに行う。信頼を表す。理想的な人は、言葉を守る。Water keeps the tide on time. Represents trust. The ideal man keeps the word.

正善治

統治においては正しく治めることができる。
In governing, he is good at peaceful managing.

*水の高さはモノサシとして使うことができる。理想的な人は、事を上手に扱う。良い統治を表す。The height of the water can be used as a ruler. The ideal man handles things well. Represents good governance.

事善能

事においては才能に長けている。
In doing, he is good at using his abilities.

*水のパワーは無尽蔵である。理想的な人は、仕事を効果的にする。才能を表す。The power of water is inexhaustible. The ideal man makes the job effective. Represents talent.

動善時

動くのにおいては善い時を選べる。
In moving, he is good at discerning the right time.
(In moving, he is good at discerning the right Timing)

*水の高さは、時間により変わる。理想的な人は、正しい時に行動する。適宜性を表す。The height of the water changes over time. The ideal man acts at the right time. Represents appropriateness.

夫唯不爭 故無尤

他と争わないので責めを負うことが無いのである。
Because he does not compete with others,
he will be free from blame.

*上記の「心善淵、與善仁、言善信、正善治」は、儒教で勧められる行動で、タオイズムには反しているように見えるが、なぜそれらがここで強調されているのか──老子の「無為*1」は、行動するということに反対していないから。彼は、私たちが何か事を為したとき、それに執着したり、自分の手柄にしたり、名声を追い求めたりしてはいけない、と言っているのだ。そうでなければ、私たちは、自身に問題の種を蒔くことになる。ここに書かれている行動は、結論の「争わない、無為」につながるのである。Some of the above are Confucianism recommended behaviors that appear to be contrary to Taoism, but why they are emphasized here; because Laozi’s ”non-action” does not object to acting. He says that when we do something, we must not be attached with it, take the credited with it, or pursued fame. Otherwise, we will sow ourselves the seeds of the problem. The actions described here lead to the conclusion “not compete, non-action”.

(Chapter 8. Lao Tzu, The Tao Te Ching|老子道徳経第八章|自由訳)

 

無為

*1 無為:asaṃskṛta (असंस्कृत), 道=涅槃/ねはん/ニルヴァーナ/nirvāṇa (निर्वाण)

  • 欲や執着のない高い心の状態
    天がするように、無私のところから、すべてのものを差別せず一つのものとみなして行動する。
  • 自然に沿って行う行動の質
    自然の性質に沿って、少しずつ、均等に、永遠に、空(くう)の心で、生み出していく。その内なる性に沿って行動する。自然に行動するということは、容易に行動する、目的を持たずに行動する(38章)、大きな努力をせずに強い力を使うことなく行動するということ。
  • 無為の対義語:人為、作為、為

無為の英訳が不完全。
“non-action” は少しニュアンスが違うように感じる。
無為自然≒what-is-so-of-itself(≒無条件)という意を含む文献がある。
無為自然:宇宙の在り方に身をまかせ、人の手を加えず何もしない、あるがままにまかせること。道(タオ)にしたがって生きれば、道徳(道と徳)は自然と備わってくる。

 

テキストのコピーはできません。