Bhagavad-Gita 02.20

魂にとって誕生はなく死もない
原初より在りて永遠に在り続け
肉体は殺され朽ち滅びるとも
かれは常住して不壊不滅である

Bhagavad-Gita 02.20

 

解説

 質の上からいえば、至上精神の極小部分(原子魂)至上者と不異(おなじ)である。かれは肉体のように変化することはない。だから魂のことを “クータスタ”(不変者)と呼ぶこともある。肉体は六種の変化をする。母体の子宮から誕生して成長し、しばらく留まり、副産物をつくってやがて次第に衰え、しまいに忘却のかなたへ消滅する。魂はこんなふうには変化しない。魂は “誕生” などしない。ただ、魂が肉体を着ると、その肉体が誕生する。魂そのものは生まれもせず、したがって死にもしない。生まれたものは必ず死ぬのである。魂は生まれないから、過去から現在とか未来とか言うものもない。かれは永遠であり、常住であり、原始(もと)からある──ということは、いつ魂が存在するようになったのかを、いくら探索しても無駄だということである。

 私達は肉体の印象を基礎にして、その誕生、老い、病などの原因を追跡するが、同じ次元で魂を追跡しても無駄なのである。魂は老いることなく病気にもならない。だから、いわゆる “老人” は、自分では子供時代や若い頃と同じ精神(きもち)でいるのである。肉体の変化は、魂に何の影響も及ぼさない。魂は、樹木やその他の物質のように時間によって質が低下したりはしない。魂は何の副産物も造らない。肉体の副産物、つまり子供たちは、それぞれに個別の魂たちなのである。肉体的観点から、彼らは “だれそれの子供” と見られているだけのこと──。魂が住んでいれば肉体は発展変化するが、魂そのものは分家もしないし変化もしない。魂は肉体の六変化とは無関係である。『カタ・ウパニシャッド』(Katha-Upanisad 1.2.18)にも、同じような章句がある。

na jāyate mriyate vā vipaścin
nāyaṁ kutaścin na babhūva kaścit
ajo nityaḥ śāśvato ’yaṁ purāṇo
na hanyate hanyamāne śarīre

 この意味は本節と同じだけれども、ただ、”ヴィパシュチット (vipascit)” という特別な一語が使われている。これは “知識ある” という意味である。

 魂は知識に満ちている。言葉を変えれば、意識に満ちている。意識こそ魂のしるしである。たとえ魂が心臓の座に在ることを認められない人でも、意識が存在するということによって、魂の存在が理解できるはずである。雲やその他の理由によって太陽の姿が空に見えない場合でも、日光によってあたり一面が明るいから、私たちは、”昼間” である、つまり太陽がこの空に在ることを確信する。明け方、ほんの少し東の空が明るみかけると、もう私たちは太陽が空にあることを理解する。

 同じように、生きとし生けるものすべての体──人間でも動物でも──には多かれ少なかれ意識があるから、魂が存在するのがわかるのである。だが、この魂の意識は、至上者(かみ)の意識とは違う。至上意識は過去、現在、未来にわたる完全智である。だが個々の魂の意識は、不完全で、まことに忘れっぽい。自分の本性を忘れてしまったときには、クリシュナの教訓を受けて教育され啓発されなければならない。クリシュナは個々の魂とは全然違う。もし同じようなものなら、ギーターにおけるクリシュナの教えは役に立たないであろう。

 魂には二種類ある。微小な粒子魂(アヌアートマー)とスーパーソウル(ビブアートマー)。これに関して、『カタ・ウパニシャッド』(Katha-Upanisad 1.2.20)に、次のように明記されている。

aṇor aṇīyān mahato mahīyān
ātmāsya jantor nihito guhāyām
tam akratuḥ paśyati vīta-śoko
dhātuḥ prasādān mahimānam ātmanaḥ

スーパーソウル(パラマートマー)と原子魂(ジーヴァートマー)は、生きものの胸の中にある一本の樹に住んでいる。すべての物質的欲望と悲観から解放された者だけが、至上者(かみ)の慈悲を受けて、魂の栄光と至福を知る。

Both the Supersoul [Paramatma] and the atomic soul [jivatma] are situated on the same tree of the body within the same heart of the living being, and only one who has become free from all material desires as well as lamentations can, by the grace of the Supreme, understand the glories of the soul.

Katha-Upanisad 1.2.20

 

 以後の章で説明する通り、クリシュナこそ至上魂の本源であり、そしてアルジュナは自己の本性を忘れた原子魂である。だから彼は、クリシュナか、クリシュナの正統な代理者(グル/精神の師)によって啓発されなければならないのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
永遠なるもの (2021.01.19)

 

For the soul there is never birth nor death. Nor, having once been, does he ever cease to be. He is unborn, eternal, ever-existing, undying and primeval. He is not slain when the body is slain.

Bhagavad-Gita 02.20

  

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.169-172.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

na jayate mriyate va kadacin
nayam bhutva bhavita va na bhuyah
ajo nityah sasvato ‘yam purano
na hanyate hanyamane sarire

テキストのコピーはできません。