Bhagavad-Gita 02.47

君に定められた義務を行う権利はあるが、行為の結果についてはどうする資格もない。自分が行為の起因(もと)で自分が行為するのだとは決して考えるな。だがまた怠惰に陥ってはいけない。

Bhagavad-Gita 02.47

 

解説

 ここに3つの考え方がある。定められた義務。気ままな仕事(はたらき)。それから無活動──怠惰とも言い換えられる。第1の、定められた義務というのは、自然界の性質(グナ)の中で、その人が占める位置による活動のこと。2番目の、気ままな仕事というのは、権威ある人や文書によって容認されていない活動のこと。最後の、怠惰──これは定められた義務を行わないこと。主クリシュナはアルジュナに向かって、怠惰になるな、結果を考えることなく義務を積極的に行え、と勧められている。自分のした仕事の結果に執着する人は、その行為の起因は自分だと思っている。だから彼は、行為の結果によって喜んだり悲しんだりするのである。

 定められた義務は、3つに分けられる。日常の決まり切った仕事。非常事態における仕事。それから、希望を達成するための活動。日常の仕事のうち、聖典で指示されている伝統的行事は、別に報いを期待することなく行われている。それは徳性(サットヴァ)の仕事である。結果がどうなるかを気にしなければならない仕事は、束縛の原因となるから、そんな仕事をしても幸福にはなれない。だれにも定められた義務を行う権利はある。しかし、結果を気にせずに、ただ心をこめて義務を行うこと──これによって私たちは必ず自由解脱の道へ入ることができる。

 アルジュナは主クリシュナから、義務なのだから戦え、と勧められた。結果を期待せずに戦えと──。アルジュナが戦争に参加しないというのも、別の面での執着である。そんなことをしても、人間は決して救われない。どんな執着も──積極的なものでも消極的なものでも、束縛の原因となる。怠惰(義務不履行)は立派な罪なのである。ほかのことは一切考えずに、ただ義務として戦う──これだけが、アルジュナにとって唯一の、祝福された救いの道なのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
結果を求めず影響をもたらす (2021.01.05)
あなたは宇宙で唯一無二 (2021.01.01)

 

You have a right to perform your prescribed duty, but you are not entitled to the fruits of action. Never consider yourself to be the cause of the results of your activities, and never be attached to not doing your duty.

Bhagavad-Gita 02.47

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.208-210.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

karmany evadhikaras te
ma phalesu kadacana
ma karma-phala-hetur bhur
ma te sango ‘stv akarmani

テキストのコピーはできません。