Bhagavad-Gita 03.41

バラタの最も優れた子孫、アルジュナよ。まず真っ先に自らの感覚を規制して、この大罪悪者――欲望を拘束し、この知識と自己実現(さとり)の破壊者を殺せ。

Bhagavad-Gita 03.41

 

解説

 最悪の犯罪者である敵── “欲望” 。この悪漢は、自己実現の衝動を封殺する。特に自己の本性に関する知識を破壊する。この大敵の動きを止めるために、まず自分の感覚を制御せよと、主はアルジュナに助言なさった。サンスクリットの “ジュニャーナ” という語は、本来の自己と、自己に非ざるものを識別する知識のことである。簡単に言えば、魂と肉体は別。魂は肉体ではない、という知識のこと──。”ビジュニャーナ” は、魂についての明確な知識、及び、スーパーソウルに対する個々の魂の、本来の位置と関係についての知識のこと。『シュリーマド・バーガヴァタム』(2.9.31)には、こう説明してある。

jñānaṁ parama-guhyaṁ me
yad vijñāna-samanvitam
sa-rahasyaṁ tad-aṅgaṁ ca
gṛhāṇa gaditaṁ mayā

jnanam parama-guhyam me
yad-vijnana-samanvitam
sarahasyam tad-angam ca
grhana gaditam maya

スーパーソウルと魂についての知識は、まことに玄妙にして神秘である。マーヤーに覆われて理解不可能とみえるこの種の知識や悟りの内容も、主ご自身が説明して下されば、私たちも会得できるであろう。

Srimad-Bhagavatam 2.9.31

 

 バガヴァッド・ギーターこそ、私たちにその知識、ことに自己についての知識を授けてくれる。生物(ジーヴァ)は主の一部分なのだから、主に仕えるのが本来の相(すがた)である──この知識がクリシュナ意識と呼ばれる。だから生涯の始め、物心がつくかつかないの時分から、このクリシュナ意識を学ぶべきであって、そうすれば自然に人はクリシュナ意識に満ちて、それに従って行動するようになる。

 欲望──これはただ、生物が本来もっている神への愛が倒錯し屈折した映像(すがた)なのである。生涯のごく初期から、クリシュナ意識の教育を受けたならば、この生まれてつき持っている神への愛が、欲望という形に堕落しないのである。これが一度、欲望に低悪化してしまうと、本来の姿に戻すことは実に困難である。だが、クリシュナ意識はまことに強大な力があるので、規定の献身奉仕をすることで、遅れて始めた人でも確実に神の愛人になれる。したがって、生涯のいつどんな場合でも、その緊急の必要を感じた時から、クリシュナ意識による感覚の規制と、主への献身奉仕を始めて、欲望を神への愛に変えることができる。神の愛人となる──これが、人間生活における最高の完成段階なのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
精神的知性(クリシュナ意識) (2021.01.07)
無意識を制御する (2020.12.26)

 

Therefore, O Arjuna, best of the Bharatas, in the very beginning curb this great symbol of sin [lust] by regulating the senses, and slay this destroyer of knowledge and self-realization.

Bhagavad-Gita 03.41

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.293-294.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

tasmat tvam indriyany adau
niyamya bharatarsabha
papmanam prajahi hy enam
jnana-vijnana-nasanam

テキストのコピーはできません。