Bhagavad-Gita 03.43

おお勇士アルジュナよ、このように本来の自己は、五感と心と知性を超えていることを知り、精神的知性(クリシュナ意識)で心を制御し、精神の力で “欲” という飽くことを知らぬ敵に打ち勝て。

Bhagavad-Gita 03.43

 

解説

 このバガヴァッド・ギーターの第三章は、クリシュナ意識になれ、という決定的な命令である。自分はバガヴァーンの永遠の従者である、と知ること。自己は究極的には無に帰するのだ、というような、絶対真理が人であることを認めない空虚な考え方をするな──と教えている。物質世界で生活をしていると、個体はどうしても、ある量の物資を占有したいという欲を持つようになる。主人づらをしたい、感覚を楽しませたい、この二つが制約された魂にとっての大敵である。

 しかし、クリシュナ意識の力によって、五感と心と知性を支配することができる。仕事や義務を急に放り出すようなことをしなくても、クリシュナ意識が強まっていくにしたがって、知性の針は清浄な自性を指して不動となり、感覚や心に左右されない超越的な境地に入ることができる。第三章の全体は、このことを語っているのである。人間としてまだ未熟なうちは、哲学的な思案をしたり、いわゆるヨーガの姿勢などで人為的に感覚をコントロールしようとするけれども、こんな方法では決して悟りの生活の助けとはならない。もっと知性を高めて、クリシュナ意識の修行をすることである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
精神的知性(クリシュナ意識) (2021.01.07)

 

Thus knowing oneself to be transcendental to material senses, mind and intelligence, one should control the lower self by the higher self and thus─by spiritual strength─conquer this insatiable enemy known as lust.

Bhagavad-Gita 03.43

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.296-297.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

evam buddheh param buddhva
samstabhyatmanam atmana
jahi satrum maha-baho
kama-rupam durasadam

テキストのコピーはできません。