Bhagavad-Gita 06.05

人は心によって魂を向上させ、決して下落させてはいけない。心は制約された魂にとっての友であり、また同時に敵でもあるのだ。

Bhagavad-Gita 06.05

 

解説

 “アートマー”というサンスクリット語は状況によって「体」「心」「魂」の意味を表す。ヨーガ体系(システム)では、「心」と「制約された魂」が特に重要である。心がヨーガ実践の中心的役割を持っているので、ここでのアートマーは「心」のことを指している。ヨーガ体系の目的は、心を統御して感覚対象から引き離すことにある。制約された魂を無知の泥沼から引き出すことができるように、心を訓練せよと、ここで強調しているのである。物質的存在の中では、人は心と感覚に支配されている。

 事実、純粋な魂が物質界に巻き込まれた原因は、物質をわがものにしたいという、心の我欲(エゴ)なのである。だから、物質自然の華麗さに幻惑されないように、心を強く鍛えなければならない。こうすれば制約された魂を救い出せるだろう。感覚対象の魅力に引かれて自分の性質を低下させてはいけない。対象に引きつけられる度合いに正比例して、人は物質存在の泥沼に深く沈むのである。これを予防する最良の方法は、常に心をクリシュナ意識に向けていることである。“ヒ”というサンスクリット語は、そのことを強調し、奨励している。また他に次のような言葉もある。

mana eva manuṣyāṇāṁ
kāraṇaṁ bandha-mokṣayoḥ
bandhāya viṣayāsaṅgo
muktyai nirviṣayaṁ manaḥ

mana eva manusyanam
karanam bandha-moksayoh
bandhaya visayasango
muktyai nirvisayam manah.

 人間は心によって束縛され、心によって解脱する。感覚の対象に夢中になっている心──これが束縛の原因であり、感覚の対象に冷静で無執着な心──これが自由、解脱の原因である。

アムリタ・ビッドゥ・ウパニシャッド2

 

 したがって、常にクリシュナ意識に従っている心こそ、至高最上の自由を約束するものなのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
心を克服する (2020.11.22)

 

A man must elevate himself by his own mind, not degrade himself. The mind is the friend of the conditioned soul, and his enemy as well.

Bhagavad-Gita 06.05

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.413-414.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

uddhared ātmanātmāna
nātmānam avasādayet
ātmaiva hy ātmano bandhur
ātmaiva ripur ātmana

テキストのコピーはできません。