Bhagavad-Gita 06.06

心を克服した人にとって、心は最良の友であるが、心を克服できない人にとっては、心こそ最大の敵である。

Bhagavad-Gita 06.06

 

解説

 八段階ヨーガの目的は、人間としての使命を達成する上での良き友となるように、心を調教することである。心を支配(コントロール)できないようなヨーガ実修は、ただの見せものにすぎない。時間の浪費である。心をコントロールできない人は、夜も昼も最大の敵といっしょに住んでいるようなもので、自分の命も任務もどれほど迫害されるかわからない。生物の本来の役目は、上位者の命令を遂行することである。心が敵として存続している限り、人は色情とか怒りとか、また貧欲やさまざまな妄想の指図に従って働かなければならない。

 しかし、心に勝ったならば、人は自然に、神の指図に従うようになる。ここで言う神とは、各人のハートの中に住んでいるパラマートマーのことである。ヨーガの実践を正当に行ったならば、必然的に内なるパラマートマーに会って、彼の指図に従うようになる。まっすぐクリシュナ意識の道を行く人は、自動的に主のお指図に絶対服従しているのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
ワタシという人質からの解放 (2021.01.08)
背中の猿を解き放つ (2020.12.07)
心を克服する (2020.11.22)

 

For him who has conquered the mind, the mind is the best of friends; but for one who has failed to do so, his very mind will be the greatest enemy.

Bhagavad-Gita 06.06

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.414-415.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

bandhur ātmātmanas tasya
yenātmaivātmanā jitaḥ
anātmanas tu śatrutve
vartetātmaiva śatru-vat

テキストのコピーはできません。