Bhagavad-Gita 10.10

私を愛し、常に私に奉仕する者たちに、私は真の知性(ブッディ・ヨーガ)を与える。それにより彼らは私のもとに来るのだ。

Bhagavad-Gita 10.10

 

解説

 この節では、”ブッディ・ヨーガ (buddhi-yogam)” という言葉が非常に重要である。第二章をふりかえってみよう。主はアルジュナを導くために実に多くのことを語られたが、それは彼にブッディ・ヨーガを体得させようと思ったからである。そのブッディ・ヨーガを今、説明するわけだ。ブッディ・ヨーガそのものは、クリシュナ意識に住した活動のことであり、最高の知性のことである。だからブッディとは知性のことで、ヨーガは神秘的な活動・向上のこと。人が生命の故郷(ふるさと)、すなわち神の国に帰ろうと思って、クリシュナ意識に没入して献身奉仕をする。その人の行動が、ブッディ・ヨーガなのである。表現(ことば)を変えると、物質界の束縛から抜け出す方法が、ブッディ・ヨーガである。生命体の向上の究極目的はクリシュナである。人々はその真理を知らない。だから、献身者たちの集まりや、正統な精神の師 (グル/Guru:スピリチュアル・マスター/spiritual master) の存在が重要なのだ。クリシュナのもとに到達することが最終目的だということを、人間は知るべきである。目標がはっきり決ったら、そこに達する道は必ず通じる。たとえゆっくりでも──。そして、ついに、そこに到達する。

 ある人が人生の目的を知って、しかも仕事の結果にこだわって活動しているならば、彼はカルマ・ヨーガ (karma-yoga) を行じているのだ。人生の目的地がクリシュナのもとであることを知って、しかも心の思索推論でクリシュナを理解しようとし、それを楽しんでいる人──彼はジュニャーナー・ヨーガ (jnana-yoga) を行じている。そして彼が人生の目的を知って、クリシュナ意識になり、献身奉仕を通じてクリシュナを求めるようになった時、彼はバクティ・ヨーガ (bhakti-yoga) を行じているのだ。或いはブッディ・ヨーガといってもよろしい。これこそ最高完全なるヨーガである。この完璧なヨーガこそ、完成した生命の境地、生命の最高段階なのである。

 正統な精神の師 (グル/Guru:スピリチュアル・マスター/spiritual master) につくことができて、精神的な団体の一員となっても、進歩するだけの知力を持ちあわせていない人がいても、クリシュナはその人の内側から教えを授けて、さして困難もなく終(つい)に主(かれ)のもとに到達できるように導いてくれる。主のもとに行く条件──それは、常にクリシュナ意識を持つようにして、愛と献身に満ちた心であらゆる種類の奉仕をすることである。クリシュナのために、何かの仕事を、愛をこめて遂行しなくてはいけない。献身者が、もし自己を悟るほどの知性をもたないとしても、誠実に献身奉仕をしていれば、主は必ず彼が進歩できる機会を与えて下さる。そして遂に主のもとに達することができるのである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
あなたはどこへ飛んでゆくのか (2021.01.25)

 

To those who are constantly devoted and worship Me with love, I give the understanding by which they can come to Me.

Bhagavad-Gita 10.10

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.638-640.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

tesam satata-yuktanam
bhajatam priti-purvakam
dadami buddhi-yogam tam
yena mam upayanti te

テキストのコピーはできません。