Bhagavad-Gita 17.16

足るを知ること、率直さ、厳粛さ、自己支配、そして自分を浄化させること、これらが心に関する謹厳生活である。

Bhagavad-Gita 17.16

 

解説

 心を謹厳な状態に保つためには、感覚満足に執着しないことと常に他の人々のために活動しようと考えるように心を訓練することの二点が必要である。心を訓練する最善の方法は厳粛な考えを持つことである。人はクリシュナ意識から逸れないように務め、常に感覚満足を避けるべきである。自分の性質を浄化するにはクリシュナ意識になる必要がある。感覚満足を考えると心の満足を得ることはできない。感覚的快楽について考えれば考えるほど心は不満に満ちる。現代の私たちの心は感覚満足を求めて不必要に働いているので、決して心の満足は得られない。

 最も良い方法は『プラーナ/Puranas』や『マハーバーラタ/Mahabharata』などのようなヴェーダ文典に心を向けることである。ヴェーダ文典は私たちの心に満足を与える物語に満ちているからである。このヴェーダ知識が私たちを浄化する。私たちは誠実でなければならない。そして全ての生命のための福祉を考えなければならない。沈黙とは常に自己の悟りについて考えるという意味である。この意味でクリシュナ意識の人は完全な沈黙の行をしていると言うことができる。心の支配とは感覚満足を考えないことである。人は率直な行動をして、自らを浄化すべきである。以上の全項目が心的活動の苦行である。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
弱点を超えた究極の祝福へ (2021.01.31)
足るを知る (2020.11.30)

 

And serenity, simplicity, gravity, self-control and purity of thought are the austerities of the mind.

Bhagavad-Gita 17.16

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.887-888.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

manah-prasadah saumyatvam
maunam atma-vinigrahah
bhava-samsuddhir ity etat
tapo manasam ucyate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。