Bhagavad-Gita 18.03

全ての果報的活動を誤ちとして放棄すべきと主張する賢者もいるが、供儀、布施、苦行の活動を決して放棄すべきでないと考える聖者もいる。

Bhagavad-Gita 18.03

 

解説

 ヴェーダ文典の中で様々な点が論争の的になっている。例えば供犠では動物を殺してもよいとされているが、動物を殺すことは全く忌まわしいことであると主張する人もいる。

 ヴェーダ文典は供犠で動物を殺すことを薦めているが、その場合、動物は殺されたとは見倣されない。供犠により動物に新しい生命が与えられるのである。別の動物として新しい生命が与えられる場合もあり、ただちに人間形態に昇進させられる場合もある。しかし聖者の間に意見の相違があり、動物を殺すことは常にさけるべきとする聖者も、ある特定の供犠のためには動物を殺すのも良いとする聖者もいる。供犠についての様々な意見をこれから主御自身が明らかにされる。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
期待と執着を手放す (2021.01.03)

 

Some learned men declare that all kinds of fruitive activities should be given up, but there are yet other sages who maintain that acts of sacrifice, charity and penance should never be abandoned.

Bhagavad-Gita 18.03

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, p.900.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

tyājyaṁ doṣa-vad ity eke
karma prāhur manīṣiṇaḥ
yajña-dāna-tapaḥ-karma
na tyājyam iti cāpare

テキストのコピーはできません。