Bhagavad-Gita 18.58

私を意識するようになれば、おまえは私の恩寵により人生の障害を全て克服することができる。しかしそのような意識で活動せず、偽我意識で行動し私の言葉を聞かなければ、おまえは道を見失うであろう。

Bhagavad-Gita 18.58

 

解説

 完全なクリシュナ意識の人は自分の義務を遂行することに関して、いたずらに不安を感じることはない。このようにして全く不安から解放されることを愚かな人々は知らない。クリシュナ意識で活動する者にとって主クリシュナが最愛の友である。献身者は最愛の友のことを常に思い、主を満足されるために一日二十四時間献身的に働いている友に主は御自身を与えられる。それゆえ私たちは生命の物質的概念に惑わされてはならない。

 自分が物質自然の法則から独立していて、自由に活動できると誤って考えるべきではない。しかしクリシュナ意識で活動する人はただちに解放され、物質的不安から自由になる。クリシュナ意識で活動しない者は生死の繰り返しの荒波の中に自分を見失うと知るべきである。束縛された魂は何をすべきか何をすべきでないか知らないが、クリシュナ意識で活動する人は自由に活動できる。なぜなら全てをクリシュナが内面から指示してくださるし、グルがそれを確認して下さるからである。

 

関連記事:パンディットの叡智|Pandit Debdarshan
思考パターンの転換 (2021.01.23)
スピリチュアル・エボリューション (2021.01.20)
苦境は目覚めのステップ (2020.12.24)

 

If you become conscious of Me, you will pass over all the obstacles of conditional life by My grace. If, however, you do not work in such consciousness but act through false ego, not hearing Me, you will be lost.

Bhagavad-Gita 18.58

 

(参考文献:アバイ・チャラナラヴィンダ・バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ*/クリシュナ意識国際協会創設アーチャーリャ (1990)『バガヴァッド・ギーター あるがままの詩』, バクティヴェーダンタ文庫社, pp.931-932.)

*Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupada (अभयचरणारविन्द भक्तिवेदान्त स्वामीप्रभुपाद):クリシュナ意識国際協会の創設者。通称シュリーラ・プラブパーダ (1896.09.01-1977.11.14)

mac-cittaḥ sarva-durgāṇi
mat-prasādāt tariṣyasi
atha cet tvam ahaṅkārān
na śroṣyasi vinaṅkṣyasi

テキストのコピーはできません。