観察者の存在しない沈黙

瞑想は新たなるものの不断の開示である新たなるものは反復的な過去を超越したものである 瞑想とはこの反復に終止符を打つことである瞑想がもたらす死は新たなるものの永生である 新たなるものは思考の領域にはなく瞑想とは思考の沈黙で…
テキストのコピーはできません。