プラサード|Prasad

 サンスクリット語で「プラサード」は、神に捧げられた食用の贈り物(お供え物)のお下がりを意味します。インドでは、寺院において礼拝前かその間に食べ物をお供えし、神は贈り物を祝福し、それを捧げる人々と共有します。献身者(信者…
aerial photography of snow covered trees

意志と表象としての世界

 『意志と表象としての世界(独: Die Welt als Wille und Vorstellung)』は、ドイツの哲学者アルトゥール・ショーペンハウアーの主脳たる著書。1819年に公刊、1844年に続編を刊行。彼の道…

不死なる宇宙のゆらぎ

創造、維持、破壊という、生まれ変わり死に変わりにより、新しい生命が誕生し、人間の進歩、宇宙の進化が実現できる。 死は新しい生を生きるためのプロセス。死により新たなる生を得ることができる。 生も死も、実は不死なる「宇宙意識…

1/f ゆらぎ

宇宙はすべての事象が常に変化し揺れている。宇宙の一切は波である。 宇宙の始まりはカオス(混沌)であった。しかし、そのカオスにさえも、実はリズムがある。それが宇宙の法則。 無生物の現象も、種々の生命現象も、すべては行けば必…

ただ「在る」ことに気づく

あなたは、何かをすることによって幸せを得ることはできない。いわゆる霊的な修行や祈り、つまり神の探求をも含めて、何かを達成することによっては。 神でさえ、あなたの幸福を与えることはできない。もし、神にそれができるとするなら…
hand of crop woman on crumpled bed sheet

言外(げんがい)のタブー

まさに今わかる人には伝わるトランスパーソナルの大御所故・吉福伸逸氏のことば   アラン・ワッツではないが、現代社会に広く蔓延している「言外のタブー」のきわめつけは、『自分が誰かを知ること』かもしれない。 もし、21世紀に…

孤独な鳥

孤独な鳥の五つの条件 ‪一つ 孤独な鳥は高く高く飛ぶ‬二つ 孤独な鳥は仲間を求めない、同類に煩わされない‬‪三つ 孤独な鳥は嘴(くちばし)を天空に向ける‬‪四つ 孤独な鳥は決まった色を持たない‬‪五つ 孤独な鳥はしずかに…
monochrome photo of dark hallway

永遠は絶対の今。

写真は今この瞬間を撮る。太陽の光が物質を当ててできる影は形も長さもすべて1分1秒足りとも同じものは存在しない。今この瞬間の意識も何もかもがそう。     時とは、即今(そっこん)Instant(インスタント)ただ今、今、…
テキストのコピーはできません。